休み時間1  −HDを大掃除して空き容量を増やそう−
パソコンを長い間使っていると、ハードディスクにどんどんデータが溜まっていきます。
ハードディスクをきちんと整理すると空き容量が増える等いい事がいっぱいかもしれません。
特にXPは、普通に使っていると不要なデータがいっぱい!定期的に、ハードディスクのお掃除もいかがですか?

注:まず最初にCドライブのハードディスクの空き容量を見ておきましょう。
(後でどれだけ空きが増えたか確認する為)

「システムの復元」は非常に便利な機能ですが、ハードディスクの領域の10%以上がこの復元ポイントに占められていたりします。 特に動作に不具合がなければ最新(過去1回分)の分だけを残して古い分は削除してしまいましょう。

スタートメニューから「すべてのプログラム(P)」→「アクセサリ」→「システムツール」→ 「ディスクのクリーンアップ」を選択します。



ドライブの選択はCドライブを選択してOKボタンをクリックします。

(OSを数種類入れてる方はXPがインストールされてるドライブを選択します。)



ディスク クリーンアップのウインドウが開いたら

@詳細オプションのタブをクリック。
Aシステムの復元のクリーンアップ(C)ボタンをクリック



古い復元ポイント削除の確認画面が出てくるので「はい」をクリックします。

Windowsのサービスパック導入時、通常は不具合が起きた際にアンインストールできる様にバックアップが作成されます。 もちろん、環境が安定していれば削除できます。必要なければ削除してハードディスクの空き容量を増やしましょう。

まずはスタートメニューからマイコンピュータを選択します。



マイコンピュータからハードディスクドライブのローカルディスク(C:)をWクリックして開きます。


開いたCドライブの内容からWINDOWSのフォルダを選んでWクリックします


開いたWINDOWSの内容から、$NtServicePackUninstall$ と言うフォルダを削除します。
ごみ箱を経由せずに削除したい場合はShift+Delボタンで削除できます

こんなフォルダは表示されないと言う方は下をご覧下さい。



上記でマイコンピュータを開いている時にツール(T)→フォルダオプション(O) を選択します。

フォルダオプションのウインドウが表示されますので@表示タブを選択します。A詳細設定のファイルとフォルダの表示ですべてのファイルとフォルダを表示するにチェックを入れます。 適用→OKボタンを押します。


スタートメニューからファイル名を指定して実行(R)を選択します。


ファイル名を指定して実行のウインドウが表示されますので名前(O)の欄に  regeditと入力してOKボタンをクリックします。


左側に表示されてるファイルから「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→ 「CurrentVersion」→「Uninstall」→「Windows XP Service Pack」に 合わせて右クリックして削除を選択します。